2012/11/24 土曜日

NTT

四月からバンレでコーチをやらせていただき六年生とは一番長い時間を過ごさせてもらいました。小学生最後の公式戦であるNTT、県大会には出場することはできませんでしたが子供達が見せてくれたプレーやサッカーにたいする姿勢には感動させられるものがありました。正直これまでの試合や練習では負けて悔しがっている姿を見ることができませんでした。これからサッカーを続けていくなかでバンレで学んだ技術は必ず生きてくると思います。ただその技術を生かすためにはそれ以上に勝負にたいするこだわり絶対に負けないという強い気持ちを持たないといけないと僕は思います。六年生には最後に流した涙を忘れずに今後のサッカー人生を精一杯悔いの残らないように頑張ってほしいです。技術、心、判断力、サッカー選手になるためには絶対に必要です。六年生本当に感動をありがとう!

Filed under: スタッフ — okabesc @ 17:53:01 |コメント (0)
次のページ »