Home > スタッフブログ一覧 > YABUSAKI > Archives > 2012-10

2012-10

Boys,be ambitious

  • 2012-10-10 (水)

この頃、仕事を終えグランドに行くと結構冷えますね。
腰痛持ちにとっては、嫌な季節です。

考えてみれば、指導者になってから
自分にはリフレッシュする時間はわずかである(笑)
連休をとって旅行したり、
買い物に出かけたりなんて数少ない。

指導者でいる為には、相当の覚悟が必要だと感じるこの頃…
それはいろんなことを犠牲にしなくては成立しないからだ。
小手先じゃ何も変えられないし、
子供を預かる指導者として責任がある。
その子の人生を大きく左右することは間違いない。

だからこそ自分には信念がある。
もちろんプライドだって…
変えるつもりもないし、変えるぐらいなら
指導者を辞めた方がいいと思ってる。

子供の道を作るのも歩くのも、大人ではない!
子供自身であるはずだと思う。
後々、壁にぶつかった時に、
自分で決めたことでなければ超えるのが困難であるからだ。
自分で悩み決めたことには、
子供でも壁を超える力を携えて進むことだろう。

他人に言われて決めたことは、もろく崩れる。
自分はそんな選手を数多く見てきたからだ。
勉強もサッカーも地味な走りやリフティング練習もしかりだ。
やらされているのでは続かない。

まず気づくこと!
気づかなければ始まらない。
気づいても始めなければ、変わらない。
大人も子供も…

私たち大人は、その決断の時を見守っていようと自分は思う。
しかしながら、多少のアドバイスも必要な時もある。
求められた時はそれに応えたいし、応えてあげて欲しいと思う。

君たちはグランドの上に立てば子供ではない。
一人の立派な青年なんだ!!

大人が子供の未来の主人公になってはいけない。
主人公は君たち自身なんだ!!

縁あって、グランドで出会えた君たちに何ができるだろう…
君たちに何が伝えられるだろう…

この先君たちがひとりでも多く、大きな舞台に立ち、
サッカーを好きでいてくれたらと願う。

meta

Return to page top